WP#59 - 生産性プロキシ検証研究

03 October, 2014 | White Paper

Mark Monroe, DLB Associates Zeydy Ortiz, IBM

グリーン・グリッドは、データセンターにおける「有用な作業」を近似する方法として、Productivity Proxiesプロジェクトを開始しました。コンセプトは、生産されている作業と高い相関性を持ちながらも、すべてのトランザクションをカウントして何らかの方法で結合するよりも、安価で簡単で、収集の手間がかからないメトリクスを開発することでした。

グリーン・グリッドが提案した8つの指標に加えて、日本のグリーンIT推進協議会(GIPC)がIT機器効率(ITEE)とIT機器利用率(ITEU)の2つの指標を提案しました。これが 9 番目のプロキシとなった。

この検証研究は、実験室でこれらのプロキシをテストし、どのプロキシが最も正確に有用な作業に相関し、どのプロキシが最も導入しやすく、データセンターの生産性の汎用的な指標として最も有望であるかを決定することを目的としています。

 

(上記日本語は機械翻訳を使用し翻訳しています。文書は英語のみでのご提供となりますので、ご了承ください。)