WP#77 - エネルギー効率の良いデータセンターストレージ

13 February, 2018 | White Paper

編集者:
Jay Dietrich, IBM

寄稿者:
Don Goddard: Net App    
Rona Newmark: Dell (retired)
Patrick Stanko: SNIA Green Storage Technical Working Group
Herb Tanzer: SNIA Green Storage Technical Working Group
Gary Verdun: Dell
Chuck Paridon:  SNIA Green Storage Technical Working Group
Dave Thiel: SNIA Green Storage Initiative


世界中の IT およびデータセンターの資源効率を改善するために活動するコンソーシアムであるグリーン・グリッドは、主にストレージ製品を ENERGY STAR® Program Requirements for Data Center Storage に適合させることを目的として、個々の SNIA および Green Grid の会員企業やその他の企業が作成した Emerald™ 解析ツールの結果から得られたメトリックデータおよび構成情報を分析しました。  グリーングリッドの目標は、ストレージ製品のエネルギー効率を評価するためのツールとしての Emerald 試験スイートの有効性を評価し、ストレージ製品の性能/電力効率のしきい値を開発し設定する際の応用と使用を検討することでした。

ストレージネットワーキング産業協会(SNIA®)は、2013 年 8 月 12 日に SNIA Emerald™ 電力効率測定基準ソフトウェアのバージョン 2.0 をリリースしましたが、これは、2013 年 8 月 28 日にリリースされた ENERGY STAR データセンターストレージ V1.0 プログラムの公表と同時に行われました。このタイミングのため、製造事業者は、ストレージ製品の構成および構成部品の選択がエメラルドの結果にどのように影響するかについて、最低限の理解しかしていなかった。Green Grid Emerald Analysis Working Group(Emerald WG)は、48のマシンタイプ/モデルおよび155の構成から、Emeraldの結果および利用可能なアイドル測定データを収集し、盲検化しました。Emerald WG はこのデータを分析し、構成タイプとコンポーネントの選択が、テストされた 3 つの作業負荷タイプの Emerald 性能パワースコアに与える影響を理解しました。キャパシティ、シーケンシャル、トランザクションの3つのワークロードタイプについて、構成タイプとコンポーネントの選択がEmeraldのパフォーマンスパワースコアに与える影響を理解するために、このデータを分析しました。このホワイトペーパーでは、ワーキンググループの調査結果を詳細に説明し、ストレージ製品のエネルギー効率を評価するためのEmeraldツールの強みと限界について、ストレージ製品の製造業者、規制当局、および利害関係者に情報を提供しています。全体的に、エメラルド WG は、ストレージ製品の複雑さ、ストレージコントローラの能力、ストレージデバイスのタイプ、速度、容量が作業負荷スコアに対 して重要であることから、エメラルドの試験結果は、ストレージ製品の性能/電力能力の有用な指標となり得るが、強制的および自主的なストレージ システムのエネルギー効率スキーマのしきい値を設定するために使用すべきではないと結論付けています。

 

(上記日本語は機械翻訳を使用し翻訳しています。文書は英語のみでのご提供となりますので、ご了承ください。)