WP#71 - データセンターの利用可能性に関するオープンスタンダード

21 December, 2016 | White Paper

Editors: Lex Coors, Interxion Rob Bunger, Schneider Electric Contributors: Rona Newmark, Individual Member Lance Rütimann, Siemens Roger Tipley, Schneider Electric Bob Landstrom, Interxion

データセンターの利用可能性に関するオープンスタンダード(OSDA)は、データセンターのエネルギー効率と持続可能な設計の革新を促進することを目的とした利用可能性の分類及び評価システムである。  OSDA は、設計中の新規サイト及び運用中の既存施設に適用される。   OSDA は、業界の協力を促進する手段として、包括的で、非独占的で、柔軟性があり、コミュニティによ って支持されている。  この「オープンスタンダード」は、データセンター業界の急速に変化する技術に対応する機会を提供します。

OSDA は、「オープンスタンダード」であり、非独占的であり、グリーン・グリッド会員を通じた継続的な貢献を 受け付けており、業界の自主的な指針の枠組みとして機能する。  OSDA は、データセンターを対象としており、目的とする目的への回復力及び適合性を測る指標として、可用性[1] を取り上げている。    本論文は、OSDA フレームワークのための一連の文書の最初のものである。  本論文では、OSDAの背景、きっかけ、アプローチについて説明する。  その後の作業では、OSDAフレームワーク全体を構成する要素に焦点を当てる。

 

(上記日本語は機械翻訳を使用し翻訳しています。文書は英語のみでのご提供となりますので、ご了承ください。)