WP#60 - 商用エンドユーザーのためのIT資産処分101

06 October, 2014 | White Paper

Editor: John Pflueger, Dell Contributors: Chris Adam, Google Marc Banks, Deutsche Bank Eric Brown, Individual Member Ezra Benjamin, EMC Ricardo Gonzalez-Llera, IBM Deborah Graham-Clifford, Sims Recycling Ed Grenchus, IBM Rachel Romoff, Rackspace Gideon Schroeder, Cisco Andrea Steves, Google Rebecca Wellum, Dell

使用済みで廃棄された電子機器や電気機器をどのように処理するかがより重要視されるようになってきているため、IT資産の内部ライフサイクル全体を通して、ある程度の順序と説明責任を確立しておくことが有用です。これらの資産の責任ある管理を担当するデータセンター管理者やその他のIT専門家は、IT資産処分(ITAD)プログラムを確立することで、組織全体に利益をもたらすことができます。

多くのITADプログラムは、財務的な説明責任とリターンの実現、データの安全性の確保または破棄、法的および企業のコンプライアンス要件の遵守、および適用される基準と認証の満足を主な目的として設立されています。これらの要件を満たすだけでなく、環境と持続可能性の目標を達成するためにプログラムを構成する方法を見つけることに関心を示す組織が増えてきています。

組織のIT資産、サプライチェーン、サイトの数や場所、その他の複雑さは多岐にわたるため、真に効果的なITADプログラムの説明はありません。グリーン・グリッドのこの文書は、カスタマイズされたITADプログラムを検討する際に、IT専門家が自分自身とその利害関係者に問うべき具体的な質問を示しています。これは、拡張されたFAQやプログラムのリファレンスとしての役割を果たすことを意図しています。プログラムを作成することのビジネスケースとポジティブな意味合いについてのガイダンス、ITADに関連する標準、認証、および規制に関する情報、プログラムの利害関係者とサプライヤの特定、選択、および管理に関する洞察、およびカスタマイズされたITADプログラムの開発、実装、および管理に関する運用上の懸念事項についての議論を提供しています。

 

(上記日本語は機械翻訳を使用し翻訳しています。文書は英語のみでのご提供となりますので、ご了承ください。)